相談に関するご案内

離転職などの仕事に関する相談・情報

事業主の皆様へ

ひとり親家庭の父母は仕事と育児の両立をさせなければならないため、就職に際し困難な課題に直面する事が少なくなく、昨今の厳しい経済・雇用情勢の中、就職は一層厳しくなっています。
経済的に自立し安定した生活のために、社会全体での理解ある協力が必要になっています。
帯広市社会福祉協議会は、北海道及び帯広市より委託を受け母子家庭等就業・自立支援センターを開設し、ひとり親家庭の父母の一貫した就業支援(就業相談・求人情報の提供・職業紹介)を行なっています。
事業主の皆様の、ご理解とご協力をお願いいたします。

求人情報提供のお願い

ひとり親家庭の父母の雇入れに配慮いただいた求人を当センターへご提供ください。
当センターの登録者から、事業主のご希望に極力沿う人材を紹介します。
(十勝管内在住のひとり親家庭の父母が求職登録しています)

求人票の申込み・受付

求人票用紙をダウンロードし、FAXまたは郵送により申込みください。

書類の閲覧・プリントアウトには Adobe Reader等のPDFを閲覧できるソフトウェアが必要になります。

ADOBE READERのダウンロードはこちら

左のボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。
なお環境により、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

求人票は、職種別、雇用形態(一般・パート)別に、労働条件等を記入願います。
法令に違反する求人は、お受けできませんのでご注意ください。
求人票の有効期間は、受理した日の翌々月の末日までです。
(例=1月10日に受理した求人は、3月末日まで有効)
紹介を必要としなくなった求人は、電話・FAX等でご連絡ください。

情報提供・紹介

求人票受付後、求職者(当センター登録者)へ情報を提供します。
応募者があった場合には、当センターから事業所に連絡を取り、面接の日時等を確認します。
紹介に当たっては応募者本人に「紹介状」をお渡ししていますので、応募書類提出時、または面接時等に受理してください。
受付から紹介までの流れについては、こちらのリーフレットに掲載しています。

書類の閲覧・プリントアウトには Adobe Reader等のPDFを閲覧できるソフトウェアが必要になります。

ADOBE READERのダウンロードはこちら

左のボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。
なお環境により、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

応募、選考(面接・書類)、採否の決定

指定された日時・場所に応募者が伺います(または応募書類の郵送等)。
採否が決定したら、早めに応募者へ通知してください。
また、当センターにもご連絡ください。「採否通知書(紹介状に添付)」をFAX・郵便等で速やかにお願いします。
ひとり親家庭の父母を採用した場合には、助成金が支給されることがあります。
(一定の支給要件有/申請窓口:ハローワーク)

お問い合わせ先

地域福祉課(母子家庭等就業・自立支援センター)

  • 電話:0155-20-7751
  • 社協ブログ日々の出来事を帯広市社会福祉協議会のスタッフがお送りするブログです
  • 社協だより社協だよりは、1月・7月・9月・11月の年4回、市内の全世帯へ配布している広報紙です
  • 赤い羽根共同募金赤い羽根の募金活動は、町の人のやさしい気持ちを集める活動です。
  • 帯広市老人クラブ連合会老人の知識及び経験を生かし、生きがいと健康づくりのための多様な社会活動を行っています
母子家庭等就業・自立支援センター LINE@ページ 母子家庭等就業・自立支援センター Facebookページ