地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

地域包括支援センターの様子高齢者が住みなれた地域で安心して暮らせるよう、高齢者やその家族に対し、総合的な相談・支援を行う機関です。
帯広市からの委託を受けており、市内4か所に設置されています。地域包括支援センター帯広市社会福祉協議会では川北・西日常生活圏域を担当しています。

保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員・認知症専門担当職員が専門性を活かし、連携しながら業務を行っています。

地域包括支援センターが行う主な業務

1.介護予防ケアマネジメント

要支援・要介護状態になる恐れのある方を対象に、介護予防二次予防事業への参加の調整や、要支援1・2の方に対する介護予防プランを作成します。

2.総合相談支援

高齢者やその家族などから、介護についての悩みや様々な相談を受けたり、訪問して実態を把握するとともに適切なサービスにつなげます。
また、認知症専門担当職員を配置し、専門機関との連携や当事者・家族への支援を行います。

3.権利擁護

成年後見制度の利用についての相談や、高齢者虐待などでお悩みの方に対して、相談及び助言を行います。
 

4.包括的・継続的ケアマネジメント

高齢者の状況や変化に応じて、包括的・継続的に支援するため、行政その他の関係機関との連携・協働体制づくりや支援困難事例に関するケアマネジャーへの支援を行います。

帯広市では25年度から、地域との連携を深めるために"コーディネーター"が配置になっています。民生委員・町内会・ボランティアや医療機関、介護事業者などあらゆる機関との連携を強化し、地域における問題を解決し、高齢者を取り巻くネットワークの構築を図っていきます。
また、今年度から"ひとり暮らし高齢者相談員"が包括支援センターに配置になりました。専門の相談員が必要に応じて訪問し、相談にのります。
その他、家族介護者リフレッシュ事業も今年度から包括支援センターで担当することになりました。介護者の心身の元気回復を目的にして、情報交換や交流を行います。

介護保険制度の説明や認知症サポーター養成講座など、ご依頼があれば地域に出向き、情報提供や講演会を開催します。
お気軽にご相談ください。

 

名称  地域包括支援センター 帯広市社会福祉協議会
営業日 月曜日 ~ 金曜日
営業時間 午前8時45分 ~ 午後5時30分
休日 土・日・祝祭日・年末年始(12月31日~1月3日)

 

お問い合わせ先

在宅福祉課(地域包括支援センター)

  • 電話:0155-21-3292
  • 社協ブログ日々の出来事を帯広市社会福祉協議会のスタッフがお送りするブログです
  • 社協だより社協だよりは、1月・7月・9月・11月の年4回、市内の全世帯へ配布している広報紙です
  • 赤い羽根共同募金赤い羽根の募金活動は、町の人のやさしい気持ちを集める活動です。
  • 帯広市老人クラブ連合会老人の知識及び経験を生かし、生きがいと健康づくりのための多様な社会活動を行っています